いくら医療脱毛でも、安いと心配。施術は大丈夫?

安いといわれる医療脱毛を受けるにあたって、安いから粗悪な施術なのではないか、痛いのではないかとかえってその安さが心配になることがあります。

また、健康面には影響はないのか不安になる事もあると思います。

◇こちらもCheck!:レーザー脱毛の素朴な疑問 全身脱毛しても健康に影響なし

ですが、医療脱毛は医療行為であるため施術に際し十分なカウンセリングと問診を行い、納得をした上で行うためその点では安心でしょう。

使用されている機器はだいたいどのクリニックでも最新のものが多いでしょう。

医療脱毛は激戦のため、古い機械を使っているところはすぐに廃れてしまうからです。

そして、どの機械も痛みが少ないといわれているものを使用しています。

レーザーの種類も、ダイオード・アレキサンドライト・ロングパルスヤグといった複数の異なるレーザーを使用しており、脱毛を受ける部位や肌の状態、毛の種類によって使い分けています。

痛みを和らげる効果のある脱毛機器を使用していても、どうしても怖い、痛みに弱いという人もいます。

そういう人のために、施術前に塗るタイプの麻酔を使用することもできます。

施術をしながらレーザーの出力を弱めることもできるため、痛みは我慢せずすぐに伝えましょう。

万が一、施術後に赤みやポツポツとしたものが出来てしまったり、やけどのような症状があった場合、医師が必ず診察し、適切な処置や薬の処方を行います。

こうした肌トラブルは医療脱毛の保証内に含まれており、無料であるのが一般的です。

エステサロンは医師がいないため、別途クリニックへ通う必要がありますが、医療脱毛のクリニックは医師が常にいるためすぐに対応できるのも大きなメリットといえるでしょう。